• ホーム
  • ED治療薬と併用できない主な薬

ED治療薬と併用できない主な薬

黄色の薬

勃起不全を改善する医薬品でもありますが、リスクもある医薬品です。
心疾患の男性や肝障害、腎障害、6か月以内に脳卒中を拭き起こした経験がある方など禁忌されているのがED治療薬です。
また大きくわけて3つの種類があり、それぞれに使用禁忌の医薬品もありますので、服用する製品との飲み合わせについても知っておかないといけません。
ED治療薬のためにクリニックで診察を受けた方であれば、医師の問診によって服用している医薬品も尋ねられますので、そのリスクは減少しますが、念のために知っておきましょう。
3つの種類がありますが、共通して飲み合わせが悪いとされているのが硝酸剤です。
急激に血圧が下がり、最悪の場合命を落とすこともあります。
またレビトラは特に注意が必要です。
飲み合わせが悪い医薬品が、他のバイアグラやシアリスと比べてとてもも多いのが特徴になっています。
硝酸剤はもちろん、抗ウイルス剤、内服薬の抗真菌剤、抗不整脈薬、慢性血栓塞栓性高血圧症の治療薬など多岐にわたります。
最終的には医師が服用するED治療薬を選ぶことになりますが、特にレビトラはこんなにも飲み合わせが悪い医薬品が多いですので、気を付けるようにしましょう。
これらの医薬品を服用している場合、ED治療ができなくなるように感じるでしょうが、他にも方法がありますのであきらめないようにしてください。
直接陰茎に注射をして勃起をさせる方法や、補助器具または手術によって意図的に勃起できる方法もあります。
ただしすべて保険適用外になっていますので、その点はデメリットになるでしょう。
よく医師と相談して勃起不全に立ち向かうことが大切ですので、服用している医薬品を念のために持っていき相談をしましょう。

人気記事一覧